スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年09月13日

秋の名物祭・1番バッターが打席へ

徐々に秋~冬へかけての季節が到来!

今年の夏は猛暑のせいもあって、早く夏は終わって欲しいと懇願。
そろそろ秋から冬に掛けて、お待ちかねのシーズン到来!

さんま・牡蠣はじめ、近県各地域含め食の祭典が1月まで目白押し!

その1番バッターがけせんぬまサンマ祭り!


自分は意外にも初参加。
徒歩3分の会場は食べられるかドキドキ。


ここに写っている人たち、みんなクネクネした行列なんです。
実に50分待ちでした。


やっとありつけた秋刀魚。いただきます。



炭火でまんべんなく焼けた身は、脂が若干乗った程度がちょうど良く
おまけに大分県臼杵市産のカボスと大根おろしがマッチして最高!!

今年は知人の紹介で店に臼杵市観光協会の方がカボスを持参して
来て頂きました。本当にありがとうございます。
これからも「石仏」はじめ、久家本店さんを応援します!


とにかく焼き続ける。
ホルモンで経験しているのでその大変さ、解ります。

来週の目黒のさんま祭り、頑張ってください!  


Posted by とも at 14:58Comments(0)

2010年09月04日

113年間で最も暑い夏・気象庁検討会が見解

猛暑と80年代女性

暑さが終わらない。

人と挨拶する出だしの9割5分が「いやぁ、暑いですね~」だ。
「いやぁ、お熱いですね~」のほうがなんだか若返ったようで嬉しいが、
「暑いですね」といった瞬間にその周辺が2.5度ほど上昇しそうだ。

なので言わないで欲しい。

どうも今年の暑さはチベット高気圧や南米太平洋付近で発生した海水温度上昇による
エルニーニョ等、いろいろな要因が見事に重なったらしい。その結果の30年に一度の猛暑。

もうしょーがない。(洒落)


113年間で最も暑い夏・気象庁検討会が見解 (日テレニュース24記事より抜粋)
観測開始以来、最も暑くなったこの夏の猛暑について、気候の専門家らによる
気象庁の検討会は3日、ペルー沖の海面水温が大きく変化するエルニーニョ現象
などが原因だとする見解をまとめた。

この夏、日本各地は連日猛暑に見舞われて平均気温が平年を1.64℃上回り、
統計を始めた1898年からの113年間で最も暑い夏となった。
この猛暑について、気象庁の異常気象分析検討会は「ペルー沖の海水温の変化が
日本付近の高温につながり、異常気象になった」と分析している。

今年はペルー沖の海水温が高くなるエルニーニョ現象が春先に終わり、直後に
地球全体の気温が上がった。さらに夏ごろからは、日本を含む北半球中緯度帯の
気温が高くなるラニーニャ現象が発生し、相乗効果で日本付近の気温が非常に
高くなったという。
  


Posted by とも at 10:39Comments(4)

2010年09月02日

これは


残酷である。  

Posted by とも at 15:13Comments(0)ネタ